着物

お振袖

参考価格:フルセット \158,000~

成人式は毎年1月第2月曜日。田巻屋は成人式にはどうしてもお着物を着ていただきたい、着物の良さを知っていただきたいという願いを込めて特別価格にて販売しております。お振袖、襦袢、袋帯はもとより、腰紐、肌着等のお召しになる為の小物全て込みで、158,000円、198,000円等でさせていただいております。しかもお嬢様に一番良くお似合いになるよう、心を込めて選ばせていただいております。そのお振袖は、いずれお子様、お孫様の代まで大切に保管していただければ、代々永く着ていただけます。

ご購入はこちらから

お宮参り、七五三、十三参り

参考価格:三歳 9,800円~、五歳 29,800円~
七歳 49,800円~、お宮参り 初着 29,800円~


赤ちゃんが生まれて、だいたい30日~33日位、もちろんそれ以降お天気が良くて、お母さんも赤ちゃんもご機嫌の良い時で良いのですが、赤ちゃんを抱いてその上に初着(掛着)を掛けてお宮参りをします。元気で健やかにという願いを込めて祈ります。
そして女子は3歳(男子も地域によっては3歳もあります)、生まれた時の初着(掛着)を腰上げ、肩上げして、被布(ひふ)を着せてする場合と、3歳用のセット(着物、襦袢、被布、草履、バック、リボン)になっているもので行う場合もあります。
どちらにしても着物(腰上げ、肩上げしたもの)、襦袢、被布を重ねて、一度にお子様に着させてそれぞれを順に重ねて、着物の腰紐を結び最後に被布のスナップを留める帯をする場合は着物の上に兵児帯(へこおび)を巻き、後ろをリボン結びにして被布を着せます。
5歳は初着があるのならそれを肩上げ、腰上げして袴を履かせると立派な日本男児になります。もちろん着物、襦袢、羽織、角帯、懐剣、扇子、羽織紐、雪駄のセットもあります。
7歳はいよいよ帯付となります。身長が伸びて来るので、着物は肩上げしますが、腰上げは紐でする事の方が多くなります。帯は付け帯と結ぶ帯と両方ありますが、どちらの時も帯上げ、帯〆、志古貴(しごき)、扇子が必要となります。
3歳9,800円~、5歳29,800円~、7歳39,800円~、 レンタルは3歳5,000円、5歳、7歳10,000円で承ります!

ご購入はこちらから

江戸褄(黒留袖)、色留袖

参考価格:江戸棲(黒留袖) 58,000円~、色留袖 128,000円~

結婚式の時の既婚者の第一礼装です。一般的には新郎、新婦の母親、祖母、伯母、既婚者の姉妹がお召しなりますが、母親以外は色もの、例えば色留などでも構いません。
母親は江戸褄に袋帯、白もしくは白金の帯〆、帯揚げ、扇子(黒いふちで金銀のもの)をします。
黒を着るというのは、お客様をお迎えする時、一番の礼装でお迎えするという意味です。
わざわざ息子や娘の為に参列して下さる親戚や知人、友人の方々に敬意と心からの感謝を表す為に、黒留袖はあると考えて良いと思います。
男性(父親など)もしくは新郎は、黒の五つ紋付きの着物と羽織、袴が男性の第一礼装となります。

ご購入はこちらから

訪問着、付下げ、小紋、紬(つむぎ)

参考価格:訪問着、付下げ 88,000円~
小紋、紬(つむぎ) 68,000円~


結婚式やパーティのお呼ばれ、お茶、お花、踊り、お子様のお宮参り、七五三、入学式、卒業式の際や、お子様本人の入学式、卒業式の袴下のお着物等、お召しいただく機会が沢山あります。
紬は一般的には普段着ですが、着心地は最高、はやりすたりも無く、永く何代にも渡って着ていただけます。

ご購入はこちらから

色無地のお着物

参考価格:価格 98,000円~

ほとんど一つ紋が多く、お好みの色で別染させていただいております。女性、男性は紋の大きさが違います。
日本製手縫い胴裏正絹で128,000円~168,000円前後でお選びいただけます。
結婚式でもお茶、お花の席等、お子様のお祝い事でなくても御召しいただけます。又、色の染め替えも無地でしたら可能です。一枚あるととても便利です。

ご購入はこちらから

男物のお着物、羽織、袴

参考価格:男物のお着物 98,000円~
羽織、袴、着物セット(正絹) 298,000円~、
(化織) 59,800円~


最近、若い男性のお客様が増えています。冬は紬かウール、夏は浴衣に仕事終わりに着替えると、一日のお仕事と くつろぎのONとOFFの生活が心を和らげ、疲れも吹き飛びます。
お召しいただくところは女性と一緒で、礼装はもちろんお子様の祝事、パーティ、お茶席等お召しいただけるところは無限です。
全てお着物、羽織のお仕立ては手縫い、裏は原則として正絹で丁寧に日本の職人がお仕立てさせていただいております。

ご購入はこちらから

帯には袋帯、名古屋帯、半巾帯、各帯等がありますが、礼装にはほとんどの場合、袋帯が多いです。袋帯の大半は西陣ものです。二重太鼓、文庫、ふくらすずめその他、お若い方から年配の方まで幅広く色々な結び方を楽しめます。
名古屋帯は小紋や紬、半巾帯は小紋、紬、一番は浴衣に使われています。帯〆も帯上げもいらない便利な帯です。
角帯は男性用、素材としては正絹、木綿、化繊等で出来ています。
実を言うと男物の帯の結び方はそんなに難しくはありません。一度は挑戦してみたらいかがでしょうか?

ご購入はこちらから

喪服、数珠

参考価格:喪服(正絹、重め) 98,000円~

喪服には冬物、単衣(ひとえ)、夏物の三種類があります。
そしてよくご相談を受けるのは、家紋のことです。関東と関西では微妙に考え方が違っている場合が多いです。例えば結婚する時関西は実家の家紋で一生通したりしますが、関東では以前、ご実家の紋でお嫁入りされていました。最近は嫁ぎ先の紋をあえて入れて嫁がれる事の方が、多くなっています。つまり嫁ぎ先の紋に変わるという事です。
家紋はその家の歴史を覗き見ることがよくあります。男児はお宮参りから始まって、七五三の5歳、そして成人式、結婚式の黒紋付と家紋を背負う機会が多いように思います。
深川、清澄白河地区はお寺の数が40~50寺あります。お彼岸、お盆などはお墓参りの人でごったがえしています。
お数珠は1,980円~30,000円前後まで数多くございます。

ご購入はこちらから

浴衣

参考価格:女性 2,580円~ 男性 3,980円~

最近若い方も含めて、浴衣ブームです。手軽に簡単に着られる為でしょう。
私共の地元の中学校は6月の運動会 の時女子は全員浴衣を着て踊る種目があります。不慣れながら、中学生が浴衣に着替えて踊ります。なんて素晴らしい事でしょう。自然とこの体験によって浴衣が着られるようになります。
子供の浴衣は肩上げ、腰上げによって3~4年は何とか着られます。ただ最近は針を持つ人が減って、面倒くさがる方も多いですから子供の成長を楽しみにしながら上げを直していって欲しいものです。

ご購入はこちらから

和装小物

大特価にて販売中。
通販サイトページもしくは、掲載されていない商品は
お問い合わせ下さいませ。


どのお着物をお召しになる時もそうですが(3歳、5歳を除いて)、腰紐、伊達〆、帯板、帯枕等が必ず必要となります。
伊達〆と伊達巻の違いはご存知でしょうか?
伊達巻は花嫁衣裳の時に言われる事が多いです。伊達巻は10cmの巾で2m25cm~3m位の長さに厚手の綿テープが別に付いています。帯を巾広く結ぶ時に、おはしょりをした着物の上に巾広めに3~4回巻きます。
伊達〆は普通尺、長尺とあり、二重に巻き、芯が入っていない先の方を結びます。
帯〆は丸組、平組(平打ち)等があり、最近は片方が3~5つに分かれており、お花のように結んだりしている事もあります。
帯上げは綸子、総絞り、片絞り等があります。綸子は染め、総絞りはお振袖や7歳祝着に多く使われています。
以前は片絞りといって、真ん中が絞っていないものも安価で多くありましたが、最近は綸子が主流になっています。
帯〆と帯上げの合わせ方は、同じ色にする時も違う色にする時もありますが、全体の雰囲気、バランスを考え、どこの部分を強調したいかを考えて選びましょう。
それと一緒に重ね衿がありますが、これも決して帯〆、帯上げの色と同じにという事はなく、お顔に一番近い部分に重ね衿(伊達衿)が来るので、お顔写りと全体のバランスを考えて下さい。
草履は礼装用とカジュアル用があります。最近では太めの鼻緒がどちらのものでも人気があります。鼻緒が太いと足が痛くならず、楽だとよく言われます。
和装小物には色々な名前(通称)が付いているものがあります。
例えばヒコーキとか、さざめ、まどか、コーリンベルト、ウェストベルト、サウスバンド、マジックベルト等メーカーの名前だったり、あだ名だったり色々のようです。
これらのものは、昔からあるものも多く何となく受け継がれています。

ご購入はこちらから

和装グッズ

大特価にて販売中。
通販サイトページもしくは、掲載されていない商品は
お問い合わせ下さいませ。


最近、風呂敷が話題になることがよくあります。
風呂敷といっても、小さな50cm四方位のものから六巾といって、2m四方のものまで色々と用途に応じてあります。
小風呂敷はご祝儀袋を包んだりキッチンマットのように利用したり、色々と活用され、300円からございます。
和のポーチは、やはり300円~お土産や小物入れにいかがでしょうか?
和装グッズで一番はやはり手ぬぐい!色々な縁起の良い柄が揃っており、195円、465円、800円と揃っています。
特に195円の手ぬぐいは全体的に細かい、途切れる事のない柄があり、何枚か買っていただいて、子供さんの甚平や袋物を色々と作られる方もいらっしゃいます。
海外へのお土産として日本の方に、また海外から来た旅行者の方にもお求めいただいております。


「深川ごのみ」とは

3代将軍徳川家光の時代から富岡八幡宮の門前町として発達し、曲亭馬琴が生まれ、材木商人として財を成した紀伊国屋文左衛門や奈良屋茂左衛門、平賀源内、松尾芭蕉、伊能忠敬なども住んだ町深川。
こういった人々が粋でおしゃれな下町人情文化を生み出し、その模様は山本周五郎、宮部みゆき、宇江佐真理、藤沢修平、山本一力などの作品に描かれています。
「深川ごのみ」はその深川で、大正13年から呉服屋を営む田巻屋が厳選した、深川らしい粋な和風雑貨です。
お土産、普段使いに最適な商品を豊富に取り揃えております。
「深川ごのみ」は田巻屋の登録商標です。

ご購入はこちらから

レンタル

振袖、七五三、お宮参り、黒留袖(江戸褄)、訪問着、喪服、袴及び袴セット(卒業式)、紋付着物羽織(男性)等を当社在庫で取り揃えております。その他、何かございましたら、お気軽にご相談下さいませ。

価格
振袖 29,800円~
黒留袖、訪問着、卒業式の袴と着物一式、男性の紋付着物羽織袴一式、全て15,000円、袴のみ7,000円
7歳祝着、5歳祝着 10,000円
3歳祝着、お宮参りお掛け着 5,000円
婚礼 白無垢、色打掛 一式6万円、2着目2万円。羽織袴 一式1万5,000円
モーニング 7,000円
※ご希望がございましたら、無料で着付もさせていただきます。(先着順)

制服

指定校
江東区立深川第六中学校
江東区立明治小学校
江東区立元加賀小学校

取り扱い品
深川第六中学校
男子、女子制服(夏、冬)・体操着上下(ネーム入り)・トレーニングウェア上下(ネーム入り)・上履き・ワイシャツ・水着、水泳帽

明治小学校
体操着上下、紅白帽・通学帽・上履き・名札・水着、水泳帽

元加賀小学校
体操着上下、紅白帽・上履き・水着、水泳帽